Maintenance 大切な家を守り続けます。

家族の安心のために住宅の維持・管理

どんなに優れた立派な建物でも、放置すれば、いつかは古びて朽ち果ててしまいます。けれど、人がそこで暮らし適切に手を入れることで、その時期を遅らせたり、たとえ古くなったとしても最後まで快適に暮らすことができるでしょう。愛着をもって暮らし、次の世代、また次の世代へと大切な財産として引き継ぎたいマイホーム。だからこそ、エコストックは建てて終わりではなく、そこから始まる維持・管理もすべてセットにしてご提案しています。

どんどん家の維持管理

量より質の家づくりを目指して

これまで日本の家の寿命は約30年とされていました。これは一世代ごとに家を建て替えるという社会を反映したものといえ、アメリカの住宅の平均寿命の約44年、イギリスの約75年に比べ、非常に短くなっています。今後、日本は「作って壊す」の「フロー消費型」から、「良い住宅を作り、定期的に適切な維持管理をして長く使用していく」という「ストック循環型」の社会へ転換が必要となります。
いえかるて

国が後押しする「住宅履歴情報」

家を長持ちさせるためには正しい維持管理と、「住宅履歴情報」の蓄積が大切です。「住宅履歴情報」とは、いつ、だれがどのように新築や修繕、改修、リフォームを行ったかを記録した住まいの「履歴書」と言えるものです。国も「ストック循環型社会」に向け、「住宅履歴情報」の蓄積を推進しています。また住宅履歴情報を蓄積しておくことは、資産価値を向上させる上でも必要不可欠です。

住まいの資産価値を守るために

正しく維持管理を行うには専門的な知識や面倒な手続きが必要となります。そこで月々500円の維持管理費で、住宅管理会社が住宅履歴情報の蓄積・更新と住まいの維持管理を担うのが「いえかるて+住まいの維持管理サービス どんどん」です。住宅所有者様の資産価値の維持・向上を力強くサポートします。
住まいの維持管理
どんどんの住宅維持管理システム

家の維持管理に関するお問い合わせはこちら

  • ショールームで確認する
  • メールで相談する
  • どんどんオフィシャルサイトをみる
ページ上に戻る